前へ
次へ

教育業界の仕事にはどんなものがあるか

一言で教育業界の仕事と言っても、大きく二つの種類に分類することができます。その一つは実際に教えることに携わる仕事であり、もう一つは事務や運営に関わる仕事と言ってよいでしょう。どちらの種類の仕事も、教育業界では欠かせない大切なものとなっています。例えば、教える仕事に直接従事するのは学校の教師や塾の講師、さらには資格スクールや研修の講師などです。最近の塾や予備校の講師は、単に教壇で授業を行なうだけでなくオンライン教材のための授業を行なうことさえあり、仕事は多岐にわたっています。もう一つの事務や運営に関わる仕事を行なっているのは、教育機関の事務職に就いている人や、塾や予備校の運営スタッフ、またスクールマネージャーとも呼ばれる教室長です。生徒とその保護者、そして講師との間で行なわれる面談をサポートしたり、出欠確認やシフトの作成を行なうなど、授業以外の場面で生徒や保護者と向き合うことが仕事となっています。

Page Top