前へ
次へ

すべての教育の出発点は家庭にある

すべての教育の出発点は家庭にあると言っても過言ではありません。そのような意識から生まれたのが家庭教育という概念であり、家族のふれあいを通して、基本的な生活習慣や倫理観、他の人を信頼することや思いやること、社会的なマナーなどを身につけていくよう子供たちを助けることです。例えば、家族の中で挨拶を習慣にし、感謝を伝えたり必要な時には謝ったりすることを実践を通して学んでいくなら、はきはきと挨拶のできる礼儀正しい大人へと成長していくことができます。また家族の決まり事を設け、それらを守ることの大切さを子供に明記させることもできるでしょう。家族がそろって食事をしながら楽しく会話するなら、子供たちの心にかかっている事柄をしっかりと汲み取ることができ、問題を未然に防ぐことが可能になります。家族ができるだけ行動を共にし、たっぷりの愛情を子供に注ぐようにするなら、こうした家庭教育を通して子供たちは社会の基盤となる大切な事柄を学んでいくことでしょう。

Page Top